SEO☆BLO

めまい持ち子育て主婦【SEO≪セオ≫】の体験談、気になる事、感じた事を綴っていきます。

【スポンサーリンク】

【めまい】耳・脳・ストレス・天気!?様々な症状と原因。その①

 

こんにちは、SEO≪セオ≫です。

 

今回は【めまい】についてお話します。

私自身めまいとは10年以上の長い付き合いです。

 

 

 

めまいの種類

 

めまいといっても色々なめまいがあります。

 

 回転性めまい

自分自身がグルグルまわっている感じがしたり、周囲がグルグルまわるような感じがします。

 動揺性めまい

頭や体がグラグラ揺れている感じや、フラフラする感じがします。
実際に歩くとふらつくような感じもあります。

 浮動性めまい

体がフワフワする感じがしたり、宙に浮いたような感じがします。
船に乗っているような、雲の上を歩いているような感じになる場合もあります。

 立ちくらみ

立ち上がった瞬間にクラッとしたり、長く立っていて目の前が暗くなる感じです。

 

f:id:seoblo:20200825185411p:plain

 

 

めまいの原因

 

めまいの原因は様々で、色々な病気の症状として現れます。

耳からのものだったり、脳からのものだったり、全身的なものだったりします。

それ故、病院へ行こうにも何科で診てもらったら良いのか悩みますよね。

以下はめまいと併せて起きやすい症状や、可能性のある病名です。症状に合わせて受診してみると良いかもしれませんね。

 

耳が原因

症状

吐き気・嘔吐・耳鳴り・難聴・耳閉感 など

病名

良性発作性頭位めまい症
メニエール病
・慢性中耳炎由来の内耳障害 
・前庭神経炎
・めまいを伴う突発性難聴
・外リンパ瘻 
・遅発性内リンパ水腫
・聴神経腫瘍
・その他の内耳性めまい

 

脳が原因

症状

激しい頭痛・手足の痺れ・呂律が回らない・意識消失・物が二重に見える など

病名

・脳血管障害

・脳腫瘍(脳幹腫瘍、小脳腫瘍) など

 

全身的な原因

・血圧異常によるめまい

・自律神経の失調

心因性めまい

・貧血

・心原性(不整脈・弁膜症・心筋症)

・頸性めまい

・薬の副作用

 

 

私のめまい

 

私の場合のめまいについてお話します。

一つの症例として読んでください。

 

初めてのめまい

私が初めてめまいを起こしたのは、10年以上前のことです。

不妊治療(詳しくはこちら)を始めて1年が経った頃、まだ明け方で眠りの中、何だかグワングワンと変な感じがしてきて目を開くと、天井がグルグル回っていてえっ!?何事!?私どうしちゃったの!?うわぁ~気持ち悪い!!」と、目を開けていられず、また目を閉じて動かないように(というか動けなかったのですが)ジッとしていました。

数分~十数分位でしょうか、しばらくすると回転はおさまり、頭の向きを変えたところ、またグワングワンしてきてまた部屋がグルグル回りだしました。それを何度か繰り返しました。

こんな事は初めてだったので動揺しましたが、こんな時こそ冷静にと何か対処法はないかと考えました。

 

当時不妊治療で試行錯誤の中、効くかもしれないと処方され服用していた糖尿病用の薬の事を思い出し、「もしかして低血糖かも!」と、(低血糖の場合ブドウ糖とかだと思うのですが、持っていなかったので)とりあえず砂糖をなめてみました(笑)。結局あまり変わらず・・・。 

とにかく私も夫も何が何だか分からない状態。

その日はちょうど日曜日で、翌日も祝日で病院はお休み。

今思えば救急車を呼んでもいいレベルだったのかもしれないのですが、救急車なんて簡単に呼んじゃいけない!と、なぜか必死に自宅で耐えていました。何度もめまいを繰り返し、目を閉じてジッとしているうちにまた寝てしまい(笑)、何時間か寝ていたと思いますが、起きたときにはめまいはだいぶ治まっていました。

翌日は夫が仕事だったため、実家の母に迎えに来てもらい、実家で寝て過ごしました。

連休が明けた火曜日には、普通に起きられたので仕事に行きましたが、やはり途中からフラフラしてきて仕事になりませんでした。

 貧血のイラスト

 

とりあえず病院へ行く

めまいが起きた3日後に、やっと耳鼻科に行きました。

何科に行けばいいのか悩んだのですが、めまいの影響で吐き気はあれど、他に症状もなかったので耳鼻科かなぁと、耳鼻科に行きました。

その頃にはもうすでにあまり症状もなく、はっきりとした原因は分からなかったのですが、私の話した経緯から「良性発作性頭位めまい症かもしれないですね」「とりあえず薬出しとくから、まためまいがしたら飲んで」という感じで終わりました。

私にとっては「あんなに激しいめまいだったのに、こんなに簡単に済まされるのか」と不安になりましたが、とりあえず薬も出してもらったので少しは安心しました。

 

その後の経緯

初めてのめまい以降、何年も回転性のめまいを起こすことは無くなりましたが、動揺性・浮動性のめまいが時々起こるようになっていきました。

無月経と不妊治療、妊娠はできる!?その④でもお話したように、どうやら不妊治療を続けていく中でかなりのストレスを抱えていた私は、何度もめまいを繰り返すうちに頻度や症状が徐々に悪化していってしまったようです。

このめまいは今現在も続いていて、生活にも支障が出ます。

家計も決して楽ではないのに、働きに出ることもできません。

普段は元気なのに、めまいの症状が出ると一気にダメになるからです。

日によってではなく、数十分程の差で体調がかなり変わってしまうのです。

さっきまで元気だったはずなのに、症状が出だすと別人のような状態になるのです。

特に急な雨台風季節の変わり目夕方に起こりやすいです。

ざっくり言えば気圧の変化、特に低気圧に弱いんですね。

最近では窓の近くに行くだけで、気圧の変化を感じるようになってきてしまいました。

あとやはりストレスですね。

先程の気圧の変化は身体的ストレスになりますが、子育てでのストレス、夫へのストレス、人との関わり合いの中でのストレス、自分の時間が持てない事へのストレス、家計のストレス・・・と様々な精神的ストレスも多いです。

主婦のあるあるだと思うのですが、例えば子供や夫が出したものを片付けないとか、やらなきゃいけない事をやらずに好きな事ばかりとか。

一つ一つは小さな事なのでしょうが<塵も積もれば山となる>で気づけば結構ストレス溜まっちゃうんですよね。

 

 

こうして現在は動揺性・浮動性のめまいが持病と化してますが、回転性めまいについては初めての時以外にも、これまで2回ほど回転性のめまいを起こしています。

2人目の妊娠中に切迫早産になりまして、2か月ほど入院していた時と、いつだったか夫と大喧嘩した時です。

そういえば、初めての回転性めまいの前日も大喧嘩したような(笑)

 

切迫早産の入院中は、副鼻腔炎蓄膿症)になってしまい鼻を強くかんでしまった時に耳がパーンとなって回転性のめまいに繋がったのですが、入院中も色々とあり、ストレスも大いに関係があると思います。

 

(切迫早産については、また別記事にしたいと思います。)

 

 この様にこれまでのパターンで、なんとなくめまいが起きやすい状況というのが自分で分かってきました。

ですが、私の中で優先すべきは不妊治療・妊娠・出産・子育てでした。

めまいについては後回しで、とりあえず婦人科で処方してもらっためまい止めの薬を飲んだり、少しぐらいのめまいなら薬は飲まずフラフラしながらゆっくり動いたり休んだりして乗り切っていました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

しかしもう不妊治療の必要も無くなり、下の子が園に通いだしたことで、本格的にめまいの治療をしたいと思い、また耳鼻科に通い始めるのです。

 

 

 その本格的な通院についてはまた次回お話します。

それでは。f:id:seoblo:20200805115249p:plain

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ